それぞれのたからもの

今日は僕がまだ生まれていなくて、ママがまだ子どもの頃おはなしをします。

ママと一緒に眠っていたのは赤ちゃん用の枕のクマさんでした。
寝付きの悪いママはクマさんに付いているタグを触り抱っこをしながら眠るのが何よりも安心していました。
それは小学生になっても続きました。
ボロボロになってしまったクマさんは2,3年で交代させられました。
学校から帰宅するとクマさんが突然新しくなっているのです。
ママはそれがとても悲しくて悲しくて、これからはせめてお庭にお墓を作りたいとお願いしました。

お友達が家に遊びに来ることがあります。
その時はそっとタンスに隠すのです。
赤ちゃんの物を持っている自分が恥ずかしかったようです。
その夜は何度もぎゅうっとしてごめんねと言いながら眠っていました。

中学生になっても高校生になってもクマさんと寝ていました。
お友達が来ると慌てて隠すことは続きました。
ママのお母さんがお友達にクマさんと眠っていることを笑いながら教えてしまうことが何度もありました。
ママは必死でわーと声を出して妨害します。
大好きなクマさんを内緒にしなければならないことをいつも悲しく思っていました。

しかし、ひとつ年齢を重ねるごとにクマさんと離れる決心をします。
もう赤ちゃんじゃないからと。
子どもじゃないからと。
でも何日経っても慣れることなく、眠れない日々が続くのです。
そしてやっぱりダメだとしまっておいたクマさんをごめんねと言った後に抱っこして安心して眠ります。

いつしか大人になったママは新しい家で暮らし始めクマさんと眠ることをやめました。
ママは今もやめた理由も眠れたことも思い出せないそうです。

そしてママとパパが一緒に暮らし始めた頃にママの寝付きが悪くなりました。
パパにクマさんの話をしたら、すぐに買いに行こうと言ってくれました。
赤ちゃん用が少し恥ずかったママは躊躇います。
ぐっすり眠って欲しいパパは考えます。
クマさん=プーさんと思いついたパパはディズニーストアにママを連れて行きました。

そこにはママが抱っこをしたら上半身が隠れるくらいの大きなプーさんがいました。
横になっている体勢で目を閉じて優しい笑みを浮かべいます。
ママはプーさんを抱っこしてみました。
その瞬間にアクビが出たのです。
パパはこれは運命の出会いだとガッツポーズです。
それこそが僕のお兄ちゃんのプーさんです。

何とママはその夜からぐっすり眠ることができるようになりました。
今でも大事そうに抱えてぐっすり寝ているママの写真があります。

子どもの頃恥ずかしかった思いも悲しい思いも今は遠い過去です。
今では僕を横に置いて寝ています。
(もちろんプーさんもいます)
大人になって誰に気兼ねすることなくぬいぐるみが大好きで、抱っこして安心して眠ることが嬉しいそうです。

僕は思います。
みんなの気持ちや思いはそれぞれ違って良いことを。
好きなものや苦手なものがそれぞれ違って良いことを。
誰かの好きなものや大切にしているものを笑うことなく、素敵だねとストンと受け取れる世界がありますように

僕は願っています。

私の精神安定剤

今年で10歳になるぬいぐるみといつも一緒にいます。
私は、つらいことや悩みを家族や友達にも話すことができません。
辛くて泣きたいときも家族や友達の前で泣くこともできません。
辛くて自傷行為をしてしまうこともあります。

私のつらいことや悩んでいること、誰にも言えない秘密を知っているのはその子だけです。
辛いときに抱きしめて泣いています。

私がつらいときや泣きたいときにそばにいてくれるのはその子しかいません。
においも落ち着くし、イライラしているときや辛くて過呼吸になってしまう時にも抱きしめると落ち着きます。

不安な時もいるだけで和らぎます。かわいい服も着せています。
大好きなので課題ではぬいぐるみをテーマに記事を書いたり、コンペでも提案しています。

泣き虫で誰にも好かれない、なぜか嫌われてしまう私の唯一味方をしてくれる大事な子です。
大切な家族であり、友達です。

いなくなってしまうことを想像するだけで泣いてしまうくらいとても大切な存在です。

踏み出した一歩

せんちゃんとの出会いは5年前。

恥ずかしながら、当時の私は引きこもりでした。
外の世界が怖い、人が怖い、自宅から歩いて数歩の自販機に行くにもドキドキしてしまい、自分が大嫌いでずっ
と引きこもっていました。

そんな私は小さい頃からぬいぐるみが大好きで、色んなぬいぐるみをネットで見ることが好きでした。

きっかけはフモフモランドのHP。

フモフモランドのHPは、まるで絵本の中に飛び込んだような、ワクワクして楽しい世界でした。

そしてぬいぐるみは家族、ぬいぐるみに対する愛が伝わる優しい世界でした。

そこで発見したのがフモフモさん。
平たくて、優しい笑顔で微笑む可愛い子達が並んでいる写真を、毎日毎日、食い入るように見ていました。

そこで気になった子達をお迎えしてみることにしました。

届いた時は思わず涙が溢れました。
「こんにちは!」と微笑む姿に心がぎゅっと温かくなって、少し気持ちが明るくなれたようなそんな気がしまし
た。

それから毎日、フモフモランドのHPを訪れるのが日課になりました。

初めにお迎えした子達はMサイズの小さな子達でした。

その後、少し大きめのLサイズもお迎えしたくなり、せんちゃんを迎えました。

丁度いい大きさ、抱きしめた時の安心感。
心がほんわか温かくなりました。

そしてもう一つ、ずっと気になっていたHPの写真館コーナー。

皆さんの可愛いフモフモさんたちの写真、初めてぬい撮りという存在を知り、私も撮ってみたいなぁ、とぼんや
り思っていました。

せっかくなら外に出て、太陽の下でフモフモさんの写真を撮ってみたい。
けれど私は引きこもり、そんな勇気も持てませんでした。

人が怖い…ならば人出が少ない夜に外に出るのはどうだろう。
練習がてら、少し外出してみようかな。
覚悟を決めて、初めは夜に近所の公園へ出かけることにしました。

そこで連れて行ったのがせんちゃん。

一人じゃない、大丈夫、そう自分に言い聞かせながら、バッグから顔を出したせんちゃんの頭を撫でて一歩、ま
た一歩と進みました。

ドキドキしました、冷や汗が出てきてお家へ帰りたくなりました。

せんちゃんの可愛い写真を撮るのが目的だったのに、帰りたい思いが先に来てしまってパッと写真を撮ってパッ
と帰る。

最初はそんな感じでした。

でも諦めませんでした。
何度も何度も、せんちゃんを連れて公園へ行きました。

でもやっぱり日差しの元でせんちゃんの写真を撮りたくなりました。

けれど明るい時間に外出するのはもっと勇気がいります。

でも、一人じゃない。
せんちゃんがいる、大丈夫。

冷や汗をかきながら、ドキドキしながらせんちゃんと共に明るい時間に公園へ出かけました。

毎日続けました。

時にはしばらく乗っていなかった自転車にも乗って、出かけました。

勿論せんちゃんも一緒です。

そうして行くうちに、公園へ行っても緊張してすぐに帰っていた私が、公園のベンチでちょっと休憩したり、お
茶を飲んだりできるようになりました。

一番印象に残っているのはせんちゃんとのどんぐり拾い。

あの楽しい時間は一生忘れません。

それから、少しづつ外へ出られるようになりました。

そしてそこにはいつもせんちゃんも一緒です。

せんちゃんと自転車に乗ってお買い物へ行ったり、少し遠出して一緒にお花見にも行きました。

元々好きだった手芸やお裁縫も始めて、せんちゃんやフモフモさん達に洋服を作ったり帽子を編んだりしました

暗く、どんよりとした毎日が少しづつ変わっていきました。

今でも緊張しいな私ですが、いつでもせんちゃんをはじめ、ぬいぐるみ達がそばにいてくれます。

出逢えて良かった、心からそう思います。

そしてこの先も大好きなせんちゃん達と、楽しい時や悲しい時も共に過ごしていきたいです。

また、ぬいぐるみを通しての温かい輪が、フモフモランドがこれからもずっと続いていきますように…
そう願っています。

私のかわいいメイジーちゃん

メイジーちゃんとの出会いは8年前の30周年のお祝い中のディズニーシー。

お店の一番上の棚でかわいい笑顔で座っていました♪

その笑顔がとってもかわいくお迎えしました。
大好きなジーニーくんとシェリーメイちゃんから名前をもらいメイジーちゃんと名付けました。

それ以来メイジーちゃんと一緒にディズニーパークでたくさんのショーやパレードを観たり、キャラクターに会ってきました♪
メイジーちゃんを通してキャラクターと仲良くなることもあり、特に大好きなジーニーくんとはメイジーちゃんのおかげでショーでも絡む事ができました。

メイジーちゃんの可愛さに彼もメロメロで、話しかけてくれたり、とても可愛がってくれたりしています。
ケンカしてもメイジーちゃんがいてくれるといつの間にか仲直りしている事も。
不安な時もメイジーちゃんを抱きしめると落ち着いたり、私の愚痴を聞いてくれたり、私にとってメイジーちゃんはなくてはならい存在です。
今でもどこかへ出かける時もメイジーちゃんだけは連れていき、色んな思い出を作っています。

私のかわいいメイジーちゃん♪
ママの元に来てくれてありがとう。
これからも一緒にいてね。

親友とオソロのクロちゃん

今年1月から通っている作業所で出会ったtちゃんもぬいぐるみが大好きな女の子で、すぐに親友になりました(ノ˶>ᗜ​<˵)ノ

「親友とクロちゃんの出会い」
そしてしばらくして、私の家に来た時にchuchuの黒猫ぬいぐるみをその子にあげました。
その猫にクロちゃんと名付けて作業所やプライベートでの外出にも、連れて歩いています。
つい最近上しか向けなかったクロちゃんを直してもらい更に親友とクロちゃんは、仲良しになりました(ノ≧ڡ≦)…。

「私とクロちゃんの出会い」
今年の5月くらいに、フリマアプリで購入しました。
最近になって作業所やプライベートでの外出にもクロちゃんは、いつも一緒にいるようになりました。
名前入の色違いの首輪を作ったので、早くWクロちゃんでデートしいです。
可愛い2匹の画像も多分表示されるので、ぜひ見てくださいね(*˘︶˘*).。.:*♡

「追記」
通っている作業所は、ぬいぐるみを持って行ってもOKになっています。
しかし、作業中にはぬいぐるみに触ったり遊んだりしないで真面目に作業しているので誤解しないで下さい。
休み時間や仕事終わりに、ふざけあったりしてるだけですm(_ _)m。
以上になります。
バイバイ(´ー`)/~~

大好きな3匹

皆さんはじめまして!
くまです 太郎です パンです。
今日は飼い主との思い出を語っちゃいます♪

「くまちゃんとの思い出」
僕は飼い主さんと26年一緒にいるよ!
小さい頃はどこに行くにも一緒で新潟にスキーをしに行っていたのが凄く懐かしいなぁ~(*^∀^)

今では、出かけないけど部屋でテレビを見たりしてます。

「パンちゃんの思い出」
僕は上野動物園で2歳だった飼い主と出会いました♪
今でも僕は飼い主に1番可愛がられてるよ!
理由は簡単1番可愛いからだよん(ノ≧v≦)

「太郎との思い出」
飼い主が3歳の時に、親戚の人が海外旅行のお土産に僕を選びました~(ノ*>v<*)ノ 出会ってすぐに、鎌倉駅のトイレに置き去りにされる事件があったけどパパさんが気づいてくれて、間一髪助かりました~! 今でも僕ら4人組は、大の仲良しコンビで楽しくやってます。 はい♪ 今回は以上になります(*^∀^) 僕ら3匹と飼い主との思い出を 聞いてくれてありがとうございました。 またね~バイバイ(´ー`)/~~。

まあるいしっぽと出会ったよ

地域のフリーマーケットで、何かないかな~くらいで商品を探していた時のこと。

かわいいぬいぐるみもあったけど、迷って諦めた次のお店で、くまごろうと出会いました。

白い布の箱の中に埋もれていて、しっぽとおしりだけが見えていました。
さっと取り出した時、この子だ!と思い即決。さっき、他の子を買わなかったから、くまごろうに出会えました。

お店で買った子じゃないから、本当の誕生日がわからないけど、出会った日を誕生日に決めました。
年齢もわからず、すぐに肌が荒れたり、傷が開いたりしてしまい、ぬいぐるみ病院へ入院。

ぬい親のお母さんの30年来の家族ぬいぐるみに付き添ってもらいました。
ぬいぐるみ病院のおかげで、今では体もハツラツとして元気いっぱい!
かけがえのない家族になってくれました。

お洋服は、お肌を守る役割もあって、それを着ていろいろなところに出かけています。
どんな場所でも絵になる写真になる、素敵なモデルさんです!

プーと私

プーと私は同い年で双子だ。
いつも一緒にいてどこかにお出かけするときもずっと一緒。

でも私が大きくなってお出かけするときは一緒じゃなくなった。
その代わり私がお布団にいる間、私はプーをずっと抱っこしていた。
私はどんなにぬいぐるみの仲間が増えてもプーが1番だったし、プーのことが大好きだった。
プーも直接はお話出来ないし思ってることが100%分かるわけじゃないけど私のことを好きでいてくれてると信じている。

ある日、ぬいぐるみ病院と言うぬいぐるみを綺麗にしてくれる病院があることを知った。
プーへの恩返しとして入院させてあげることを決意した。
プーが入院している間、ずっと物足りなさと寂しさでいっぱいだったが、毎日のように送られてくるプーの様子に家族で笑いながら見ていた。

プーの退院の日、プーがお箱バスに乗って帰ってきた。

開けてみると天使のように可愛く、でも昔の面影も残したままの私のプーが帰ってきた。

そんなプーが私にはどこか神々しく見えて言葉に出来ないほど感動した。

頻繁には入院させてあげられないしまだまだ沢山無理をさせてしまうけれど、私の半身として、相棒として、なにより家族としてずっと一緒にいようねと誓い合ったあの日。
私はあのプーが帰ってきた日を一生忘れない。

ずっと友達でいてね

ずっと友達でいてね

「ももふちゃん」との出会いは、約20年前のこと。
お誕生日にやってきてくれましたね!
それからはいつも一緒、いろんなところに行ったよね。
ももふちゃん、ももふさんと呼びながらも性別は男の子。のんびりした優しい子です。
ユーモアもあって本当にいい相棒です。

大学で県外に出るときもついてきてくれたね、引っ越し当日の朝、枕元において行ってしまってごめん。
結局5月の休みに実家に戻り連れて行ったんだよね、、
たった1ヶ月ですが、あんなに離れている期間は今までなかった事で、とても寂しかったです。
それからはいつもキャリーやリュックの中に1番に入るようになったよね(笑)
実家と大学への行き来にはいつも一緒に着いてきてくれたね。
母も「ももちゃんも帰ってきた~?」と毎回嬉しそうに帰りを待ってくれてたね。

学生当時の私はとてもボーイッシュで「ぬいぐるみ」とは縁遠そうでしたね。
自分でもそのイメージに勝手に縛られていました。
友達が遊びに来る時なんかは、あなたをベッドの奥底に寝かして隠してしまう時もあったね、急な訪問者に慌ててベッドへ放りなげてしまったときは後から抱きしめて何度も謝った…
意地っ張りな私をいつも素直にさせてくれたのがあなたでしたね。
ずっとそばに居てくれることで私を変えてくれたように思います。

それにうちの家族は、あなたの存在にどれほど助けられたかな…
家族の誰かが落ち込んだり、体調が悪い時にはあなたを預けて一晩過ごしてもらってたね。
優しく見守ってくれてありがとう

30歳が近い私のそばに今も居てくれてる事に本当に感謝しています。
毎晩、毎朝、隣で眠り隣で目覚めてくれるあなたが居るから、私は1日頑張ろうって思えてるよ。

これからも元気で楽しく遊んだり、いっぱいお昼寝したり、当たり前のようにずっとそばにいてくれたらいいな。
一緒に暮らす日々が、ももふちゃんにとっても幸せでありますように。

忙しくて話しかける時間や回数が減ってしまって本当にごめん。
それでも、今日もおはよう、行ってきます、ただいま、おやすみを伝えるよ。休みの日にはたくさん一緒に過ごそうね。
今日も明日も明後日も、ずっと大好き、ずっと友達だよ。

さて、今も隣でももふ氏が「もっと書いて」と言ってますが、照れくさいのでこのへんで!

私のコミュニケーション

私には姉と妹がいます。小さいときからずっとぬいぐるみ遊びをして楽しんでいました。
そんな中での出来事です。

私はよく妹と喧嘩をしてしまいます。
謝ろうと思っていてもなかなか恥ずかしくて「ごめんなさい」が言えません。

そんな時、私は友達であり家族であり相棒でもある「もこメー」という子と一緒に謝ります。
もこメーには優しさと温かさと包容力があり、「頑張って謝ろう」と、いつも慰めて勇気を与えてくれます。
すると、妹も別の子を通じて謝ってくれます。
私たち姉妹はいつもそのようにして仲直りをしています。

しかし、学校で先生に怒られたり友達と喧嘩をしてしまった時は自分1人で謝らないといけなくなります。
怖いです。
許されなかった時のことを考えると、とても怖いです。
そんな時はもこメーが背中を押してくれます。「大丈夫」と微笑んでくれるように思います。
そうすると、私も大丈夫だと思えてきます。

私も妹もぬいぐるみで遊ぶような年齢ではなくなってきています。
しかし、2人で話す時は必ずもこメーやもこメーの友達を呼んで話しているので2人で話しているはずなのに大勢で会話をしているように思います。
変なやつだと思う人もいるかもしれませんが、私にとってぬいぐるみは、私のコミュニケーションの一つです。