私の家族

愛良と出会ったのは深夜のコンビニでした。

柴の子犬を引き取ったばかりの頃で、その子犬とそっくりだった愛良に一目惚れして我が家に迎え、子犬と同じ「愛良」という名を付けました。
我が家にぬいぐるみの愛良を迎えた時点で私は結構いい歳の大人でしたが、毎晩一緒に寝ています。嬉しい時は一緒に嬉しそうな表情をしてくれるし、悲しいときは愛良も悲しそうな顔をしてくれるやさしい子です。

当初は私の家族は「いい歳してぬいぐるみなんて…」という冷ややかな目で見ていたようですが、愛良の可愛さにいつの間にか頭を撫でたり話しかけたりするようになり、今では家族全員の孫であり子であり妹のような存在になりました。

犬の愛良が虹の橋を渡ってからはさらに大事な存在になりました。
犬も大事な家族だったのでその哀しみを癒してくれたのも愛良です。
ぬいぐるみ病院さんにお預けしてる今は退院が楽しみな反面、いつも一緒にいてくれた愛良がいないせいで辛いです。

どうか、愛良をよろしくお願いします。

それぞれのたからもの

今日は僕がまだ生まれていなくて、ママがまだ子どもの頃おはなしをします。

ママと一緒に眠っていたのは赤ちゃん用の枕のクマさんでした。
寝付きの悪いママはクマさんに付いているタグを触り抱っこをしながら眠るのが何よりも安心していました。
それは小学生になっても続きました。
ボロボロになってしまったクマさんは2,3年で交代させられました。
学校から帰宅するとクマさんが突然新しくなっているのです。
ママはそれがとても悲しくて悲しくて、これからはせめてお庭にお墓を作りたいとお願いしました。

お友達が家に遊びに来ることがあります。
その時はそっとタンスに隠すのです。
赤ちゃんの物を持っている自分が恥ずかしかったようです。
その夜は何度もぎゅうっとしてごめんねと言いながら眠っていました。

中学生になっても高校生になってもクマさんと寝ていました。
お友達が来ると慌てて隠すことは続きました。
ママのお母さんがお友達にクマさんと眠っていることを笑いながら教えてしまうことが何度もありました。
ママは必死でわーと声を出して妨害します。
大好きなクマさんを内緒にしなければならないことをいつも悲しく思っていました。

しかし、ひとつ年齢を重ねるごとにクマさんと離れる決心をします。
もう赤ちゃんじゃないからと。
子どもじゃないからと。
でも何日経っても慣れることなく、眠れない日々が続くのです。
そしてやっぱりダメだとしまっておいたクマさんをごめんねと言った後に抱っこして安心して眠ります。

いつしか大人になったママは新しい家で暮らし始めクマさんと眠ることをやめました。
ママは今もやめた理由も眠れたことも思い出せないそうです。

そしてママとパパが一緒に暮らし始めた頃にママの寝付きが悪くなりました。
パパにクマさんの話をしたら、すぐに買いに行こうと言ってくれました。
赤ちゃん用が少し恥ずかったママは躊躇います。
ぐっすり眠って欲しいパパは考えます。
クマさん=プーさんと思いついたパパはディズニーストアにママを連れて行きました。

そこにはママが抱っこをしたら上半身が隠れるくらいの大きなプーさんがいました。
横になっている体勢で目を閉じて優しい笑みを浮かべいます。
ママはプーさんを抱っこしてみました。
その瞬間にアクビが出たのです。
パパはこれは運命の出会いだとガッツポーズです。
それこそが僕のお兄ちゃんのプーさんです。

何とママはその夜からぐっすり眠ることができるようになりました。
今でも大事そうに抱えてぐっすり寝ているママの写真があります。

子どもの頃恥ずかしかった思いも悲しい思いも今は遠い過去です。
今では僕を横に置いて寝ています。
(もちろんプーさんもいます)
大人になって誰に気兼ねすることなくぬいぐるみが大好きで、抱っこして安心して眠ることが嬉しいそうです。

僕は思います。
みんなの気持ちや思いはそれぞれ違って良いことを。
好きなものや苦手なものがそれぞれ違って良いことを。
誰かの好きなものや大切にしているものを笑うことなく、素敵だねとストンと受け取れる世界がありますように

僕は願っています。

踏み出した一歩

せんちゃんとの出会いは5年前。

恥ずかしながら、当時の私は引きこもりでした。
外の世界が怖い、人が怖い、自宅から歩いて数歩の自販機に行くにもドキドキしてしまい、自分が大嫌いでずっ
と引きこもっていました。

そんな私は小さい頃からぬいぐるみが大好きで、色んなぬいぐるみをネットで見ることが好きでした。

きっかけはフモフモランドのHP。

フモフモランドのHPは、まるで絵本の中に飛び込んだような、ワクワクして楽しい世界でした。

そしてぬいぐるみは家族、ぬいぐるみに対する愛が伝わる優しい世界でした。

そこで発見したのがフモフモさん。
平たくて、優しい笑顔で微笑む可愛い子達が並んでいる写真を、毎日毎日、食い入るように見ていました。

そこで気になった子達をお迎えしてみることにしました。

届いた時は思わず涙が溢れました。
「こんにちは!」と微笑む姿に心がぎゅっと温かくなって、少し気持ちが明るくなれたようなそんな気がしまし
た。

それから毎日、フモフモランドのHPを訪れるのが日課になりました。

初めにお迎えした子達はMサイズの小さな子達でした。

その後、少し大きめのLサイズもお迎えしたくなり、せんちゃんを迎えました。

丁度いい大きさ、抱きしめた時の安心感。
心がほんわか温かくなりました。

そしてもう一つ、ずっと気になっていたHPの写真館コーナー。

皆さんの可愛いフモフモさんたちの写真、初めてぬい撮りという存在を知り、私も撮ってみたいなぁ、とぼんや
り思っていました。

せっかくなら外に出て、太陽の下でフモフモさんの写真を撮ってみたい。
けれど私は引きこもり、そんな勇気も持てませんでした。

人が怖い…ならば人出が少ない夜に外に出るのはどうだろう。
練習がてら、少し外出してみようかな。
覚悟を決めて、初めは夜に近所の公園へ出かけることにしました。

そこで連れて行ったのがせんちゃん。

一人じゃない、大丈夫、そう自分に言い聞かせながら、バッグから顔を出したせんちゃんの頭を撫でて一歩、ま
た一歩と進みました。

ドキドキしました、冷や汗が出てきてお家へ帰りたくなりました。

せんちゃんの可愛い写真を撮るのが目的だったのに、帰りたい思いが先に来てしまってパッと写真を撮ってパッ
と帰る。

最初はそんな感じでした。

でも諦めませんでした。
何度も何度も、せんちゃんを連れて公園へ行きました。

でもやっぱり日差しの元でせんちゃんの写真を撮りたくなりました。

けれど明るい時間に外出するのはもっと勇気がいります。

でも、一人じゃない。
せんちゃんがいる、大丈夫。

冷や汗をかきながら、ドキドキしながらせんちゃんと共に明るい時間に公園へ出かけました。

毎日続けました。

時にはしばらく乗っていなかった自転車にも乗って、出かけました。

勿論せんちゃんも一緒です。

そうして行くうちに、公園へ行っても緊張してすぐに帰っていた私が、公園のベンチでちょっと休憩したり、お
茶を飲んだりできるようになりました。

一番印象に残っているのはせんちゃんとのどんぐり拾い。

あの楽しい時間は一生忘れません。

それから、少しづつ外へ出られるようになりました。

そしてそこにはいつもせんちゃんも一緒です。

せんちゃんと自転車に乗ってお買い物へ行ったり、少し遠出して一緒にお花見にも行きました。

元々好きだった手芸やお裁縫も始めて、せんちゃんやフモフモさん達に洋服を作ったり帽子を編んだりしました

暗く、どんよりとした毎日が少しづつ変わっていきました。

今でも緊張しいな私ですが、いつでもせんちゃんをはじめ、ぬいぐるみ達がそばにいてくれます。

出逢えて良かった、心からそう思います。

そしてこの先も大好きなせんちゃん達と、楽しい時や悲しい時も共に過ごしていきたいです。

また、ぬいぐるみを通しての温かい輪が、フモフモランドがこれからもずっと続いていきますように…
そう願っています。

私のかわいいメイジーちゃん

メイジーちゃんとの出会いは8年前の30周年のお祝い中のディズニーシー。

お店の一番上の棚でかわいい笑顔で座っていました♪

その笑顔がとってもかわいくお迎えしました。
大好きなジーニーくんとシェリーメイちゃんから名前をもらいメイジーちゃんと名付けました。

それ以来メイジーちゃんと一緒にディズニーパークでたくさんのショーやパレードを観たり、キャラクターに会ってきました♪
メイジーちゃんを通してキャラクターと仲良くなることもあり、特に大好きなジーニーくんとはメイジーちゃんのおかげでショーでも絡む事ができました。

メイジーちゃんの可愛さに彼もメロメロで、話しかけてくれたり、とても可愛がってくれたりしています。
ケンカしてもメイジーちゃんがいてくれるといつの間にか仲直りしている事も。
不安な時もメイジーちゃんを抱きしめると落ち着いたり、私の愚痴を聞いてくれたり、私にとってメイジーちゃんはなくてはならい存在です。
今でもどこかへ出かける時もメイジーちゃんだけは連れていき、色んな思い出を作っています。

私のかわいいメイジーちゃん♪
ママの元に来てくれてありがとう。
これからも一緒にいてね。

まあるいしっぽと出会ったよ

地域のフリーマーケットで、何かないかな~くらいで商品を探していた時のこと。

かわいいぬいぐるみもあったけど、迷って諦めた次のお店で、くまごろうと出会いました。

白い布の箱の中に埋もれていて、しっぽとおしりだけが見えていました。
さっと取り出した時、この子だ!と思い即決。さっき、他の子を買わなかったから、くまごろうに出会えました。

お店で買った子じゃないから、本当の誕生日がわからないけど、出会った日を誕生日に決めました。
年齢もわからず、すぐに肌が荒れたり、傷が開いたりしてしまい、ぬいぐるみ病院へ入院。

ぬい親のお母さんの30年来の家族ぬいぐるみに付き添ってもらいました。
ぬいぐるみ病院のおかげで、今では体もハツラツとして元気いっぱい!
かけがえのない家族になってくれました。

お洋服は、お肌を守る役割もあって、それを着ていろいろなところに出かけています。
どんな場所でも絵になる写真になる、素敵なモデルさんです!

私とうさっ子との出会い

今から30年位前の夏、私が高校生の頃友達と大阪の遊園地に遊びに行きました。
好きなアトラクションを一通り乗り終えた頃敷地の一角にドリームランドというゲームコーナーに通りかかりました。

そのゲームコーナーはメダルゲームや体感ゲーム、クイズゲーム等いくつかの種類がありました。
その中にバスケットボールのゲームが目につきました。
そのゲームは10秒以内に小さなバスケットボールを8回ゴールに入れると景品がもらえる、というものでした。

「景品て何がもらえるの?ゲームソフトとかお菓子とかぬいぐるみとか色々あるね」
そこそこの値段の景品の中で私は一匹大きなウサギのぬいぐるみを見つけました。
大きさは1m位で正直あっても邪魔…な感じの存在感です。

「何あれ?あんなのいらんわ」友達も私も笑っていました。
景品置場の端っこで力なくもたれかかるそのぬいぐるみは色あせてどこかくたびれて見えました。
高校時代バスケットボール部だった私はそのぬいぐるみを少し不憫に思いながら何となくそのゲームをついやってしまいました。
すると一発で成功し、なんとその景品を敢えてゲットしてしまいました。

私は1時間かけてうさっ子(私が命名しました)を連れて電車に乗って帰りました。
周りの乗客の冷やかな視線を一身に浴びて私とうさっ子は小さくなっていました。
友達は他人のふりをして隣の車両にいました。
とても恥ずかしかったです。

うさっ子を家族に紹介した時みんなとても迷惑そうでした。
でもそれ以来なぜか私はうさっ子といつも一緒にいました。
大学の寮でも社会人になって初めて一人暮らしをする時もうさっ子を連れて行き、私のベッドの側に置いていました。

私が結婚して実家にうさっ子を残して別々の家に暮らしていたある日、私は約1年ぶりに実家に戻りました。
実家に戻った時母親が「さっき掃除してたらあの汚いぬいぐるみが物置から落ちてきたで」と笑っていました。
迎えに来たかったのかな?

あの頃フカフカだったうさっ子の体も所々穴だらけでボロボロになってしまい、昔の面影はすっかりなくなってしまいました、娘達も見向きもしません。
実家の物置に押し込まれているうさっ子を見ると何だか切なくなりますが、うさっ子を見ると私の子供の頃からの記憶が全て蘇ります、何だか不思議な気持ちです。

どれだけ汚くなってもこの子は捨てられないな、と思います。
遠く離れてるけどうさっ子は私の大切な家族です。

であいから

だあくんと、出会ったのは、TDSのショップ。

いくつかのダッフィちゃんがならんでるたなの前で、
「うちにきてくれる子?」
ってそっと、きいてみたら、
ふわーっとおちそうになった子を、そのまま、かごにいれ、連れて帰ってきました。

それが、だあくんです。

いつのまにか、いつもいつも、一緒で、いなくては、ならない存在になってます。
大きな、心の支えです、大きい子なので、抱きしめて寝ると安心します。

だあくんは、きたときから、おこしてあげても、いつのまにか、ひっくりかえってるし、
ちょっと、座らせたら、お顔からおっこちて、お鼻ぶつけて、大きな音させる子で、なんか、ついてきたいのかな、って思ったこともありました。

すごい、かわいいです。

わたしは、少し精神的に不安定になることもありますが、そんなときは、ほんと、だあくんをぎゅーとすると安心します。

横になるとき、恋人みたいに、手をだしてくれたみたいに、腕枕(首の下に手が行くようにして)くれます。
なんか気持ちが通じてるみたいで、大丈夫?いつもいるよ、って言ってくれてるようです。

他の子たちも同じように、やさしいです。

みんな、ずっと、一緒にいてね、って思います。

だいすきだよ

うさこちゃんをお迎えしたのは7年前です。
当時の私は高校生で、ぬいぐるみが大好きなことを誰にも伝えていませんでした。

当時交際していた彼とデート中、立ち寄った洋服店でかわいくて一目惚れしましたが、
UFOキャッチャー等の景品とは違い、素直に欲しいと口に出すことが出来ませんでした。

タグも値札しか付いておらず、販売元も分からないしお店にも一つしか残っていなかったので、後から手に入れるのは難しいだろうと感じていました。

お会計の前にもう一度目が合い、テレビを見るような感覚で「あれかわいいね」と話したら「それならよく見てみたら?」と彼が声をかけてくれました。

よく見てもやっぱりかわいくて「気に入った?」と声もかけられたのに、意地を張ってしまい「かわいいけど私もう高校生だよ」と棚に戻そうとしました。
その時に「プレゼントだったら俺の趣味だからいいよね」と送ってもらったのがうさこちゃんです。

帰り道に「本当はぬいぐるみとか好きなんだよね」と話すと、これも大事にしてねと名前を決めたのは彼です。
それからは普段の生活、旅行や一人暮らし、帰省にも連れ歩いていて、一番お気に入りです。

私はもう結婚して、大人になってしまったけど、やっぱりうさこちゃんもみんなも大好きだし、そんな私を好きだと言ってくれる主人が好きです。

ビビっときた。この子にしよう!

パルパルさんと出会ったのは私が恋人と付き合った最初のクリスマスの時期でした。

私はパニック障害があり、鬱症状もあるので仕事に行くだけで疲れてしまい、
時には1人で出かけるのが怖くなります。

必ずしも恋人と出掛けられる訳では無く、何かお守り代わりに持ち歩けるものをと考えた結果、私がぬいぐるみを提案しました。

過呼吸が酷く外に出られなかった時に傍に居たのはぬいぐるみです。
時には苛立ちから投げてしまう事もありましたが次第に症状は落ち着き、仕事が出来るまでになりました。
けれどまだ過呼吸はありますし気落ちもします。

そうして迎えたクリスマス。
私は彼と期間限定のショップでパルパルさんと出会いました。
サイズも服も違う子の中で彼が黄色いジャケットの子を選びました。

「このサイズなら鞄に入るし、ビビっときた。この子にしよう!」

と、すぐさま店員さんに渡しました。

ぬいぐるみに名前つけるの変かなとも思いましたが、彼は乗り気で一緒に考えてくれました。
パルパルさんは彼の名前の1部をもじって名付けました。

恋人と喧嘩した時は持ち出して家出をし、時に具合が悪い時にはそっと鞄の中で待機してもらい、私達の間でもかけがえのない家族になりました。

彼はと言うとそんなパルパルを抱えて寝ている時があります。
汗っかきな彼なのでパルパルさんが心配ですが、幸せそうなのでそのままにしています。

そのうちぬいぐるみ病院にお世話になる時があるかもしれません。

どうぞよろしくお願いいたします。

本当は生きているんじゃない?

うちの子(トリュフ)との出会いは、今から約4年ぐらい前でした。

姪っ子の誕生日プレゼントにクマのぬいぐるみを探していて、
オークションでチェックはしたものの、別の物にしてプレゼントをしました。

約1年後に何気にオークションを確認したら、まだ、売れ残っていました。
しかも、さらに値段まで下げられて…。

誰にも必要とされず、居場所が無い。

精神的に追い込まれていた私と、状況が似ていたせいですかね。
とりあえず、買ったんです。
姪っ子か誰かにあげればいいかなと。

届いて開封したら、ありがとう、やっとマスターが決まった…。
って箱からポーンと飛びでて抱きついて来た感じがして、
いい歳した、おっさんで申し訳ない気がするけど、うちの子になりました。

毎晩、一緒に寝ていますが、辛い気持ちを癒してもらっています。
気のせいか、私もこの子も表情が良くなってきたと思います。

この子のチャームポイントは左の耳です。
なぜか左だけウインクしているみたいにタレています。

本当は生きているんじゃない?
留守番中にお部屋探検~とかやっているんじゃない?
なんて思いながら、暮らしています。