ぬいぐるみの香りに包まれながら、勉強できるなんて悪くはないね。

ボクはでかぺんという名前のペンギンです。
大きめのペンギンなので、でかぺんです。
なっちゃんという名前の飼い主さんのお世話係として暮らしています(ボクがお世話をしている側です)

2018年5月にぬいぐるみ病院にお世話になりました。
なっちゃんがフェルトで作ってくれた、オムライスやおにぎりのお弁当持参で入院しました。

なっちゃんの18歳のお誕生日プレゼントがボクの入院加療でした。
お陰様で、すっかり元気になれて楽しく暮らしています。

その後のボクらについてお話しします。
2019年の春、なっちゃんは夢をかなえて大学の法学部に合格しました。

英語表現と情報の授業では、ボクの入院生活をネタにプレゼンをして最高評価をいただきました。
ありがとう、ぬいぐるみ病院!
本当に、本当になっちゃんは幸せそうでした。

2020年4月 大学の門は閉められてしまいました。

その日以来、パソコンの前でなっちゃんは勉強を続けています。
時々、ボクも膝の上で一緒に授業を受けています。
ZOOMのゼミでは、教授に紹介してもらいました。
ぬいぐるみが正式に大学の授業に参加するなんて誰が想像したでしょうか?
でも、現実なんです。

本当は、友人たちに会いたいでしょう。
それでも、「ぬいぐるみの香りに包まれながら、勉強できるなんて悪くはないね。」と言いながら、
今日もなっちゃんは、授業に参加しています。

1日も早く元の生活が戻るといいですね。(ボクとしては楽しいんだけど)
皆さんも健康に気を付けて、ボクらのために頑張ってください。

これからも末永くよろしくね。

フモフモさんとの出会いは私が小学1年生の頃。
そこから11年間、高校2年生になった今でも いつだって一緒です。

フモフモさんの存在を1番強く感じたのは、私が中学受験をしたとき。
小学3年生から3年間受験勉強に力を注いできた私は第1志望校だけにしぼって3日間にわたる受験を迎えました。
結果は全日不合格。
ショックがあまりに大きくて最初は涙も出ませんでした。

しかし、1人になって落ち着く時間を求め寝室に行ったとき。
目の前にいるフモフモさんを見た瞬間、涙がとめどなく溢れました。
勉強が辛くて辛くて仕方がなかったとき。
模試の偏差値が上がって嬉しかったとき。
毎晩共に寝ているとき。
受験に打ち込んだ3年間だけでなく、出会ってからそのときまで1人と1匹で創り上げてきた思い出が 涙を我慢しないでと言うように感じました。
フモフモさんを抱きしめ 一晩中泣いたことを覚えています。

あれから早5年。
私は高校2年生となり 次は大学受験が近づいて来ました。

あのときの失敗を胸に、勉強に努めていこうと思っています。
これからも末永くよろしくね。
フモちゃん。

お出かけしそうな時はかばんの中に忍び込む!

ご主人様は写真を撮る時てきびしいんだよ、
こっち向きなさい、じっと我慢しててってさ。

だけど、お出かけしそうな時はかばんの中に忍び込む!

これがやめられないだよね~!

美味しいもの食べられるし、お出かけが楽しいんだ!

いつでもどこでも

いつでもどこでも一緒のボクTed委員長。

一緒に お弁当食べたり 市場の寿司屋にもエステにも行くんだぞ。